[581]清涼なアペリティフ「スイカのカクテル」 2018/05/21

すいか

今年の5月は、早くも半袖で過ごせるくらい暑く感じられます。

暑い中、わざわざ当店へお越し下さるお客様へ例年より早くTONE’sオリジナル「スイカのカクテル」を始めました♪

スイカの甘さとカンパリの苦さで心地よく感じられます。今週は熊本県産のスイカです。
スポンサーサイト

[580]母の日 2018/05/13

カーね
カーネ

本日は「母の日」と言う事で、「母の日」をテーマにblogを書かせていただこうと思います。

・・・・皆様はどのようなプレゼントをされましたか???

「母の日」について私はネットなどでいろいろ調べてみました。
*世界中で多くの国が「5月の第2日曜日」が母の日。
*アメリカが起源だった事。
*各国の風習。など、、、簡潔にご紹介させていただきます。

起源ですが、19世紀末、アメリカの南北戦争の後。敵・味方を問わず助けるなどし、女性参政権運動家のリーダーだったジュリア・ウォード・ハウが亡くなりました。その追悼として、娘アンナ・ジャービスがお母さん(ジュリア・ウォード・ハウ)が好きな白いカーネーションを感謝の気持ちを込めて多くの友人に手渡した事が、起源と言われております。

数年後、アメリカで白いカーネーションをシンボルとして1914年が「母の日」が定まりました。その5年後、アンナ・ジャービスと青山学院の女性宣教師の熱心に「母の日」を日本の祝日として定着を目指しましたがすぐには普及しませんでした。
時を経て40年後・・・1949年日本の祝日として「母の日」が定まりました。

日本での「母の日」は、カーネーションが一般ですね。

私が特に印象に残った4つの国の「母の日」をご紹介します。

*タイの「母の日」は、水色の服を着て、ジャスミンの花を贈ります。  

*オーストラリアの「母の日」は、菊を贈るそうです。南半球は秋です。

*韓国は、『父母の日』です。 なんと、、、父の日と母の日を同時にお祝いします。

*ハンガリーは、「母の日」ではなく『女性の日』と言う事で、子供~おばあさんまでの『女性の日』があります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

毎年、レストランコバヤシでは「母の日」での利用する方も多く、プレゼントを渡す方。記念撮影をする方。温かみのある特別なレストランの雰囲気に感じます。

tone.jpg

メッセージと花火です☆私は、お客様の元へ運びます。

ケーキは当店からのプレゼント~

さて来月は「父の日」ですね!

本日は、足元の悪い中お越しいただきありがとうございました!

[579]連休のお知らせ<5/8,9> 2018/04/30

小村井スカイスリー

皆様、ゴールデンウィーク中はいかがお過ごしでしょうか?

月1回の連休ですが、5/8・5/9(火水)となります。

今日で4月は最終日と言う事ですが、ここ数週間はあれよあれよと時間が過ぎ、Blogの更新が停滞してしまいました。

遡って4月初旬*お花見*の頃~先週までの出来事やスタッフが出先で撮った写真などを簡潔にご紹介します。

岸部

レインボートラウトを狙いに

けむり

黒卵と言えば、、、?

ラトゥール

桜が散り~すっかり暖かくなった先週のある日、レストランコバヤシにて、お持込みのワインの会がありました。

写真ですが「1940年 シャトーラトゥール」です!約80年前ですね(驚)

ぽろぽろ

抜栓は、ドキドキ・ハラハラでした。コルクは写真のようにポロポロです。

私は初めての体験で手が震えました。

加工スカイマグナム

最後に、先週のオフの日。
スカイツリーを眺める事が出来るレストランの催しにChef小林と参加しました。

写真ですが、その時にいただいたWマグナムボトル(3リットル)とスカイツリーです。

既にご存知の方もいるかもしれません。
スカイツリーはイベントや季節によって~桜の季節はピンク色。オリンピック中は5色。日本人選手が金メダルを獲るとゴールド。など色の変化をさせていた事は、私も知っていたのですが、実はなんと!毎日のように色を変えていたのです!

最初の1枚目(トップ)の写真は、ゴールデンウィーク中のスカイツリーです。レインボー色ですね♪

[578]チーズのご紹介 2018/04/16

ヴァッシュ

ここ数年、食後にチーズをご注文いただく事が多く、嬉しく思います!

ちょうど今週入荷した最近のベストメンバーなチーズのご紹介です♪

写真ですが、7種類すべてが牛のミルクのチーズです。「牛」のイラストだけのチーズ=フランス産です。

、、、、では早速~手前の2種類はウォッシュタイプです。(*ウォッシュタイプ・・・塩・酒などで洗ったチーズ)
手前左は、「キャレナンテ」(ブルターニュ地方)と
手前右は、「アフィデリス」(ブルゴーニュ地方)です。

茶色の陶器に入っているのは、「サンマルスラン」(ローヌ地方)・・・白カビタイプです。

その奥には、「ブルー・デュ・ヴェルコール・サスナージュ」(ローヌ・アルプ地方)・・・青カビタイプです。

更に奥にはマーブル色の「カーヒルズ・ポーター」(アイルランド)・・・ハードタイプで黒ビール風味のチェダーチーズです。

そのまま時計回りに「アルクマールの3年熟成」(オランダ産ゴーダチーズ)・・・ハードタイプと、

「ミモレット・18ヶ月熟成」(フラレンドル地方)・・・ハードタイプ[くし型に切ったメロンのような形]です。

シェ―ヴル・ブルビ

続いて、こちらの写真は、羊のミルクのチーズ1種、山羊のミルクのチーズ3種です。

左のチーズが「マンチェゴ・6ヶ月熟成」(スペイン ラマンチャ地方)・・・ハードタイプです。

他の3種はフランス産山羊のチーズです。

手前は「ヴェズレー」(ブルゴーニュ地方)・・・フレッシュタイプ。

右は「セールシュールセール」(ロワール地方)・・・灰がかったタイプ。

奥は「ブルードシェ―ヴル」(ピレネー地方)・・・珍しい*山羊のミルクのブルータイプ*です。

[577] フランス シストロン産仔羊のロースト 2018/04/02



4月になりました。

例年の事ですが3月いっぱいでジビエのメインが完売し、、、メインディッシュの肉料理として仔羊がスタートしました。

写真ですが、「フランス シストロン産仔羊のロースト」です。

(約16年ぶりに)昨年から輸入が解禁になったフランス産の仔羊ですね♪

リクエストお待ちしております☆
プロフィール

Tone

Author:Tone
サービス担当のToneです。
旬の食材の入荷状況、お料理やワインの紹介、日常の様々なことをお知らせしていきたいと思います。

カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR