[550]今週末のスペシャル鮮魚「クエ」~九絵について… 2017/11/04

kueクエ

Chef小林は、築地市場へ買い出しに行き「インパクト抜群」で「良質」な「五島列島産クエ」を調達しました。(写真)*大きさが分かるようソムリエナイフを横に。

今週末、ご来店いただくお客様への「本日の魚料理」として・・・

品薄が予想される台風後だったので築地にはいつもより早く到着し、鮮魚コーナーで「いいクエがある!」と発見したそうですが、最初は買うか買わないか迷ったそうです。

「クエ」の前を通っては断念し、、、再び「クエ」の前を通って断念し、、、 1時間ぐらい迷った末、「クエ」を買うことを決めたそうです。

・・・やはりChef小林は、ジビエも魚介類も「野生の勘」で選ぶのですね笑 
→たぶん本人はすっごい理論的に考えているのだと思いますが笑

さて、皆様、「クエ」と言えば何を思い浮かべますか???

少し調べたのですが、クエ鍋として旬の野菜などと一緒に煮込み料理がポピュラーのようです。(力士の食事としてチャンコ鍋に入れる事も・・・)

また、呼び方ですが、九州では「アラ」と呼ばれるそうです。

ん?幻の魚と呼ばれる「アラ」とは同じ呼び方ですが九州では「アラ」を「タラ」と呼ばれるそうです!
・・・「タラ」と言えば「鱈」を想像してしまいます。九州の魚市場へ行く時は色々と予習が必要かもしれません!笑

最後に「クエ」は漢字で九絵と書きます。幼魚の時に「クエ」は複雑な模様が「9つの絵」のように見える事からだそうです。

クエ

写真ですが、本日の魚料理です。
「クエ・アズキハタ・赤舌ヒラメ・アマダイの蒸し物」です。
スポンサーサイト
プロフィール

Tone

Author:Tone
サービス担当のToneです。
旬の食材の入荷状況、お料理やワインの紹介、日常の様々なことをお知らせしていきたいと思います。

カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR